住友化学のグローバル戦略

Global Strategy

「事業活動を通じて人類社会の発展に貢献します」――創業以来100年以上にわたり、住友化学が抱き続けてきたこの思いは、海外も含めた全世界に対して常に向けられています。総合化学メーカーとして、海外への事業展開をいち早く推進し、現在では海外売上収益比率が60%を超えるグローバル企業へと進化しました。これからも、環境問題、資源・エネルギー問題、食糧問題など、山積する地球規模課題の解決のための技術を研究・開発し、革新的なソリューションを提供することで、人類社会の発展に貢献していきます。

住友化学の海外事業の歴史は、殺虫剤スミチオンの輸出を開始した1960年代前半に遡ります。その後、生産拠点の構築を含む本格的な海外事業展開を開始し、全世界に研究・開発・製造・販売の各拠点を開設。現在の海外グループ会社数は、70社以上に及びます。また、地域との共栄共存という観点から、現地社会と一体化した事業開発や、各事業の現地化も推進しています。

 

PICK UP

北米の健康・
農業関連事業

  • 高い技術力を持つグループ会社が
    製・販・研一貫体制で事業を展開

    農業用の肥料製造会社として設立された住友化学にとって、健康・農薬関連事業は創立以来の祖業です。北米地域における本事業は40年以上の歴史があり、これまでユニークで革新的なソリューションをマーケットに提供してきました。現在は、健康・農業関連事業部門の国際アグロ事業部の統轄の下、Valent U.S.A. ,Valent BioSciencesなどの高い技術力を持つグループ会社が、除草剤や殺虫剤、殺菌剤、植物成長調節剤などをはじめとする、さまざまな製品の研究開発・製造・販売を行っています。

    (右図は、さまざまな製品の中から、バイオラショナル事業を取り上げ、国際アグロ事業部と北米の各グループ会社の連携の一例を示したものです。)

  • 生産安定性と低環境負荷を両立した
    バイオラショナル製品に注力

    農薬をはじめとする農業関連資材については、農作物の生産安定性を高めるだけでなく、生産者・消費者に対する安全性が高く、かつ環境負荷も低い製品が求められています。住友化学では、天然由来成分を活用した低環境負荷の微生物農薬・植物生長調整剤・微生物農業資材や、それらを用いた作物保護、作物の品質・収量向上のためのソリューションを「バイオラショナル製品」と定義し、Valent BioSciencesを中心に事業を展開しています。また、より環境負荷の低いボタニカル(植物由来)製品の研究開発にも積極的に取り組んでいます。