先端材料開発研究所 研究グループ
(分析評価シミュレーション)
Advanced Materials
Development Laboratory
Analysis & evaluation Simulation Group
物質の本質を明らかにする
分析技術を究めたい
工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻修了
先端材料開発研究所 分析評価シミュレーショングループ 解析チーム
経歴
2018年
同研究所 分析評価シミュレーショングループ 解析チーム
高分子材料の各種測定・分析
Q 住友化学を志望した理由について教えてください。
もともと、自分の専門分野以外のことも幅広く研究したいと考えており、当初はさまざまな業界を検討していました。その中でも、たくさんの材料に触れられるところに魅力を感じ、化学メーカーを志望するようになりました。
また、面接でお会いした方や、就活以前から知っていた先輩社員の人柄がみな尊敬できる方ばかりだったことも、入社を決めた大きな理由の一つです。研究についての話以外に、パーソナリティについても話を聞いて下さり、研究者としてだけでなく、一個人としての私自身をきちんと見てくれていると強く感じました。
Q 現在の業務について教えてください。
現在の部署に所属して1年目です。主に高分子の分析を行っており、開発チームから分析の相談を受け、内容に応じて各種測定を提案し、得られた結果から次にとるべき行動を提案することが主な業務です。まず、開発チームから分析の経緯や目的をヒアリングし、それを基にトラブル原因やメカニズムなどを推測します。そこで得られた結果を効果的に使用して、状況に応じて新たな分析の提案や対処方法などを積極的に提案する、というのが一連の流れです。
高分子の物性評価を大学時代にほとんど取り組んでこなかったので、分析の部署に配属されたことには少し驚きました。私の部署では、さまざまな開発チームと一体となって課題に取り組み分析を行うため、自然と多種多様な材料や開発テーマに関わります。もともと、いろいろな材料に触れたい、いろいろなことに取り組みたいといった希望をもって入社していたので、現在の部署でその希望が叶えられ、とても感謝しています。自分の知らないことだらけの毎日で、日々、新鮮な気持ちで業務に取り組んでもらっています。
Q 業務のやりがいを感じる瞬間はどんなときですか。
まだ一年目なので成功体験は少なく、大学時代と全く違う分野の業務を担当しているので、わからないことだらけです。とはいえ、わからないことが多いながらも、自分なりのアイデアが上司や開発チームの方に受け入れられたときはとてもうれしかったです。
また、機能発現のメカニズムが判明していないような状態のテーマに携わったことがありました。そこでさまざまな分析をしていく中で徐々に問題の本質が見えてきたとき、分析の楽しさの一端に触れることができた気がします。
Q 仕事をする上で大切にしていることは何ですか。
当たり前のことですが、関わった方に対して感謝の気持ちを忘れないようにすることと、 自分が見習うべきポイントを探すことを心がけています。
会社の仕事では大学時代よりもはるかに多くの方とかかわります。一緒に仕事を進めるということは、相手の貴重な時間を私がもらっている・使っているということだと考えています。そのため、より短い時間で、少しでも多くのことを得ようと意識しています。これまでお会いした方全てが、仕事面・人格面で素晴らしい方ばかりなので、見習うべきポイントを探すことは難しくないのですが、短時間で多くのことを自分が身につけることはとても難しいです。
Q 今後の目標について教えてください。
まだ漠然としていますが、いろいろな領域での共通課題を探し、その課題を解決することに挑戦してみたいと思います。
さまざまな領域で技術の種があり、それが複数集まった結果として製品が出来上がっています。ひとつひとつの技術をつくることも十分大変なのですが、それを複数個集めて一つの製品を作り上げるのは更に大変な作業になります。技術の種を集めるときには必ず想像もしていなかった問題が起きて、それを解決するためにさらに別の技術が必要になることが多いです。顕在化していない課題を事前に見つけ、その対策を新しい技術の種に仕上げられるような研究者にいつかなりたいと考えています。 課題を見つけることも新しい技術をつくることもひとりでは絶対にできません。そのため、今は業務を通じてコミュニケーションの取り方や、先輩方がどのように独自で新しい業務を提案して進めているのかを学んでいます。
また、技術の将来予想能力なども必要になるかと思います。学会や外部セミナー等にどんどん参加させてもらえる会社なので、色々な領域の勉強もさせて頂いています。
Q 最後に、住友化学の魅力はどこにあると思いますか?
当社の風通しの良さは日々感じており、魅力だと思っています。上司との距離が近いため、気軽に質問や提案をすることができます。学生時代の同級生と、プライベートで会うと、他の会社では上司との距離の取り方に苦心している例などを聞くことがあり、自分は恵まれていると実感しています。また、いろいろなことを若いうちから挑戦させてくれる風土があるので、いろいろなことに主体的に取り組みたい技術者にはおすすめです。

One Day

    • 8:00

      出社、チーム朝会

    • 8:05

      メールチェック、測定装置の立ち上げ

    • 8:50

      班ミーティング、上司との進捗報告・相談

    • 9:30

      ポリマーの溶液物性の測定

    • 12:00

      昼休み

    • 13:00

      執務室の掃除

    • 13:10

      ポリマーの溶液物性の測定・解析

    • 14:00

      開発チームと打ち合わせ

    • 15:00

      開発チームとの打ち合わせを受け、上司と今後の方針について相談

    • 16:00

      データまとめ、週報や打ち合わせ用の資料作成

    • 16:50

      退社

    • 大型機器の取り扱いは常に緊張。

    • コーヒーを飲んでほっと一息。

    • 試薬を用いた試験は慎重に。