経営管理
Corporate Planning Dept.
俯瞰的な視点で
会社全体の経営計画を描く
経営管理部
経歴
2009年
情報電子化学業務室 業績管理チーム
業績面からの部門幹部のサポート、事業部・関係会社との調整・提案
2010年
同業務室 企画チーム
設備投資・グループ内外のアライアンス案件の推進、事業部・関係会社のサポート
2011年
情報電子化学部門 電子部品材料事業部 業績管理チーム
事業部の業績管理・資料作成、事業部幹部への報告、営業・工場・研究所・関係会社との目標管理・調整
2012年
同事業部 営業・マーケティングチーム
販売目標の策定・進捗管理、市場・顧客毎のマーケティング方針の策定・管理、顧客シェア向上のための施策推進
2015年
海外研修
米国の大学院(MBA)に留学
2017
経営管理部
年度予算および中期経営計画の編成、予算の進捗状況の管理、投資計画の管理
Q 住友化学を志望した理由について教えてください。
父親が化学メーカーの技術者で、元々化学メーカーに親近感を抱いていました。
就職活動では他業種も検討しましたが、当初から志望している馴染みのある化学メーカーで、さまざまな会社を受けました。各社とも事務系の採用人数が少なく、社員を長期的な資産として丁寧に育成し、何より「素材を通じて広く社会を支える」という社会的意義がとても魅力的に映りました。 当社への入社を決めた理由はいくつもありますが、中でも一番は積極的な海外展開、そして海外売上比率の高さに将来性を感じたところです。
また、会社説明会や面接でお会いした方々の印象も理由の一つです。学生に対し、誠実かつ的確に受け答えしてくれる様子を見て「自分の価値観に合う、働きやすい会社」だと思いました。
Q 現在の業務について教えてください。
経営管理部は、当社全体の経営計画を策定し、管理する部署です。策定した計画は、マネジメント(役員)の経営判断の材料となります。主に「全社業績目標の策定と管理」、「全社投資計画の策定と管理」の二つの業務を遂行しており、全社業績目標については、年初に各事業部門における利益計画を取りまとめるとともに、全体最適な計画となるように事業部門や間接部門との調整や提言を行い、全体計画を作成します。その後、計画で定めた目標の進捗状況をトレースし、各事業部門に状況をヒアリングして業績を見直し、マネジメントの機動的な経営判断に資する情報を提供しています。
そして、投資計画については、当社の中長期的な業績動向から、今後の成長のために使える資金はどのくらいか、あるいは新規プラントの建設による当社業績への貢献はどのくらいあるのかなど、全社的な観点から判断・調整をしていく必要があります。この他、全社的な経営課題に対して部門横断的にプロジェクトに取り組むこともありますし、年に一度実施する中期経営計画の編成も、非常に責任の大きな仕事です。
Q 業務のやりがいを感じる瞬間はどんなときですか。
経営管理部は、各事業部門の情報を収集、分析し、定期的にマネジメントに報告する部署です。この報告が意思決定の一材料として経営判断に影響を与えており、責任の重さを感じると同時に、やりがいにもつながっています。
また、当社は事業部門ごとに多種多様なビジネスを展開しているため、世の中のあらゆる産業が当社に関係していると言えます。このため、各事業部門の情報を収集、分析することで、社会全体の動向が見えてくるのも面白さの一つです。
Q 仕事をする上で大切にしていることは何ですか。
俯瞰的な視点で考えることを大事にしています。
経営管理部では、会社全体の経営計画を策定します。このため、個別の事業状況にとらわれずに全社俯瞰的な視点でビジネス判断することが求められます。
例えば、長期にわたって投資しているにもか関わらず、現在まで収益を上げていないビジネスがあった場合、事業ポートフォリオ管理の観点から事業部門に適切なアクションを促す提案をすることもあります。ときには対立もありますが、相手を尊重しつつも全社的な判断を行うのが経営管理部の使命です。
もちろん、俯瞰的な視点で考えるだけでなく、その考えを理解してもらうための努力も必要です。私の上司は、経営管理部の判断を理解してもらうため、事業部門との議論を根気強く重ねています。こうした粘り強い姿勢も大切にしたいと思っています。
Q 今後の目標について教えてください。
入社以降、業務室での業績管理や企画、マーケティング、顧客への営業と、さまざまな業務を経験してきました。そのため、ものごとを複眼的な視点で捉えられるようになり、現在の業務を行う上で大きな糧となっています。当面は、事業を俯瞰的に眺めることのできる現在の部署で、吸収できる知識や経験をさらに増やしていきたいと思います。
また、将来的にはマーケティングや事業企画など、より顧客に近い場所で仕事ができればと考えています。
Q 最後に、住友化学の魅力はどこにあると思いますか?
いくつもありますが、誰にとっても働きやすい会社であるところが第一の魅力だと思います。
学生時代に感じた社員への印象の良さは、入社して10年近く経った今も全く変わりません。仕事が大変なときには積極的にサポートしてくれ、相手の立場を気遣うことができる方が多いおかげで、ポジティブな気持ちを失くすことなく仕事に臨むことができています。
また、そうしたソフト面だけでなく、ハード面も充実しています。創業して100年以上の長い歴史の会社ですが、新しい働き方に対して寛容さがあり、フレックスタイム制や時短勤務を早くから取り入れています。また、育児のための休業や在宅勤務、介護休暇の制度も完備されていて、男女を問わず多くの社員が利用しています。主要事業所には保育所が完備されており、小さい子どもを持つ私自身も、非常に助かっています。

One Year

    • 12月

      予算編成準備
      予算編成スケジュールの検討、予算編成全体方針の作成

    • 1月〜2月

      年度予算の編成
      各事業部門における次年度業績目標やアクションプランの取りまとめ・調整、全社としての予算案の策定

    • 3月

      年度予算の確定
      予算案の審議・修正および最終確定

      以降、3か月ごと
      予算の進捗管理(業績予想の作成)
      業績予想・投資計画の取りまとめ、予算の進捗確認、および経営層への報告

      不定期大型設備投資案件やM&A案件の審査、部門横断的なプロジェクトの推進

    • 一人でじっくり作業するときも。

    • 小規模な会議は2~3人で随時行う。

    • 同輩との議論はいつも白熱する。