生物環境科学研究所 研究グループ(生体科学)
Environmental Health Science Laboratory
Toxicology Group
専門性以外にも視点を広げて
独自性あるトキシコロジストを目指す
農学研究科 応用生物科学専攻
生物環境科学研究所 研究グループ(生体科学) 生体機能チーム
経歴
2016年
生物環境科学研究所 研究グループ(生体科学) 生体機能チーム
Q 住友化学を志望した理由について教えてください。
大学院では農学研究科に在籍していましたが、研究室での就職先の一番人気は食品メーカーの研究・開発でした。私も当初は、幅広いユーザーにかかわることができるという観点から、食品メーカーを志望していました。 しかし、業界研究をするうちに、世の中のあらゆるものに当社の材料・製品が使われていると知りました。化学メーカーも、食品メーカーとは異なった形で、広くユーザーに関わることができるのではないかと思い、次第に強く志望するようになりました。その中で、縁があったのが当社でした。 また、化学メーカーというと、工学部や理学部出身で、化学を専攻した人ばかりが集まるイメージでしたが、私のような生物系にバックグラウンドのある人も活躍できる場がたくさんあると知ったことも、入社を決めた理由の一つです。現在、携わっている安全性研究の業務では、大学や大学院で専攻していた自分の専門をそのまま生かすことができています。
Q 現在の業務について教えてください。
入社して3年間、生体科学グループ 生体機能チームに在籍しています。この部署は、研究・開発した農薬や化学品を登録申請するために、ヒトに対する安全性、すなわち、例えば「急性毒性や発がん性などの毒性があるか否か」を評価しています。 ラット、マウス、イヌなどの実験動物を用いた評価から、in vitro評価(試験管や培養器などの中に、体内と同様の環境を人工的に作って行う評価)まで、試験ガイドラインに沿ってデータ取得を行っています。他にも、近年高まっている動物愛護の観点から、実験動物を用いないin vitro評価、in silico評価(コンピューターシミュレーション上で行う評価)などの代替試験の手法開発や、ヒトへの安全性を立証するための毒性発現のメカニズム解析などにも取り組んでいます。
Q業務のやりがいを感じる瞬間はどんなときですか。
安全性評価の業務は自分一人でできるものではなく、グループ、研究所および全社の方々と協力し合い、一丸となって取り組んでいます。そういった、チームワークを通じて一定の成果が得られたときは、感慨深いものがあります。逆に、私のような若手社員でも、重要な開発剤もしくは実験テーマを担当することがあり、社員一人一人が大きな責任感を持って働くことができるのも、大きなやりがいの一つであると考えています。 また、私の周りの上司や先輩社員はみな、さまざまな分野のスペシャリストなので、業務で困ったことがあれば相談しやすい環境にあります。毎日、新たな知識や考え方を吸収できている実感を持てるのも、大きなモチベーションにつながっています。
Q 仕事をする上で大切にしていることは何ですか。
大切にしているのは、「世の中に安全な製品を送り出したい」という思いです。 当社は社会からの信頼をもとに成長・発展を遂げてきた会社ですが、その信頼を守る最後の砦のような存在が、私が所属している生物環境科学研究所であると考えています。ここで実験を行い、安全性が立証できた農薬や化学品は、工場で製造され、上市することになるからです。とはいえ、入社当初はその重要性について、なかなか実感することはできませんでした。2年目以降になり、他部署との連携による仕事も増えていく中で、私の担当した実験データがどのように使われているかを徐々に理解するようになりました。非常に責任の大きな業務に携わっていることを強く意識しながら、日々の業務に取り組んでいます。
Q 今後の目標について教えてください。
早く一人前に毒性評価を行えるトキシコロジスト「薬毒物中毒に関する十分な知識と技能を有する専門家」になることが当面の目標で、上司から日々、多くの知識を吸収している最中です。もちろん、上司・先輩の後継者にとどまらず、自身の強みを生かしたオリジナリティあるトキシコロジストとなって、世の中に安全安心な製品を送り出すために、製品の安全性を適切かつ効率よく評価したいと考えています。 そのために、まずは従来の方法を学びつつも、並行して動物実験の規制など、世の中の流れを汲んだ新規評価技術を開発していく必要があります。世の中には、安全性評価に用いることができそうな基盤技術がたくさんありますので、取捨選択して、新たな評価技術を確立・提唱していくことが、最終的な大きな目標です。
Q 最後に、住友化学の魅力はどこにあると思いますか?
「育ててくれる会社」、この点に尽きます。入社当初、私はこの会社でやっていけるかどうか、かなり不安に思っていました。学生時代の研究はあくまで狭い範囲のものであり、より広範な知識が求められる企業の研究者になっても、上司や先輩に「そんなことも知らないのか」と呆れられるのではないかと想像していたからです。 しかし、それは杞憂で、上司や先輩は多忙な中でも時間を削って、丁寧に優しく、ときには厳しく仕事を教えてくれました。その結果、自身の専門性を深めることができただけでなく、それ以外のさまざまな知識を習得し、一分野だけにとらわれない視点を持つことができました。研究者としての可能性が大きく広がったのを実感しています。

One Day

    • 8:15

      出社

    • 8:30

      海外の委託先を中心にメールチェック

    • 9:00

      動物室での実験作業

    • 12:00

      昼休み

    • 13:00

      新規の安全性評価手法確立に向けた実験作業

    • 15:00

      実験データのまとめ、資料作成

    • 16:00

      登録申請資料のチェック

    • 18:00

      退社

    • 一つひとつの実験に注意を払う。

    • 昼食の弁当は自分のお手製。

    • クリーンルーム内での実験作業。