財務
Finance Dept.
資金調達の業務で培った
「曖昧さを残さない」正確さ
商学部 卒業
財務部 資本市場チーム
経歴
2016年
財務部 資金管理チーム
短期社債による資金調達
2018年
財務部 資本市場チーム
資金収支における目標の作成および実績の管理
Q 住友化学を志望した理由について教えてください。
就職活動の際、初めは業種を絞らずたくさんの会社へ足を運びました。メーカー、金融、インフラなどさまざまな会社の話を聞くうちに、「社会を根底から支えられる仕事に携わりたい」と思うようになりました。
中でも事業内容が幅広く、さまざまな製品の素材を提供することで社会に貢献できる化学メーカーに最も興味を抱き、目に見えるものを通じて、生活が豊かになるサポートをし、人々の役に立ちたいと考えるようになりました。
化学メーカーも多種多様ですが、その中で当社を選んだ理由は「人」です。会社説明会や面接でお会いした社員の方々の丁寧な対応や、穏やかな口調でありながらも仕事への思いを熱く語る姿に、仕事に対してぶれない「芯」を持ちながら働いていることが非常に印象に残りました。「この方々と一緒に働きたい」と強く思い、入社を決意しました。
Q 現在の業務について教えてください。
入社後、一貫して財務部に所属しています。最初は資金管理チームに配属され、主に短期社債による全社の資金繰り業務を担当しました。毎日、各事業所で起票される伝票のデータに基づいて日々の資金繰りを予想し、短期社債による資金調達を適宜行います。そして、その日予定されている入出金が問題なく行われているか確認し、差異が出れば分析し上司に報告を行うというのが業務の一連の流れです。資金調達の際に重要なのは、資金ショートを起こさず、必要以上の余剰資金を持ちすぎないこと。ショートを起こさないためのシンプルな手法は、余剰資金をたくさん確保しておくことですが、調達した資金には金利が発生するため、必要以上に多く確保することは、実は資金効率の面から見ても合理的ではありません。自社の資金状況や金融情勢を考慮しながら、その状況に応じて最適なタイミング、金額、条件で調達することが求められます。現在は資本市場チームに担当替えとなり、資金収支について、月・期・年単位で予想および実績を管理する業務を担当しています。安定的に低利な資金調達を行えるよう、より長い目で当社の資金を考える必要があるため、短期社債による資金調達とは一味違う大変さと、大きなやりがいを感じています。
Q 業務のやりがいを感じる瞬間はどんなときですか。
財務部の業務について、「目に見える成果がないのでは?」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。携わる短期社債による資金調達が、運転資金や設備投資など当社の事業遂行に必要な資金を確保し、かつその資金調達が有価証券報告書等の対外公表資料に記載されることで、事業に直接関与し、会社を支えていることを実感します。
また、入社1年目のとき、最初に数百億円もの短期社債の調達計画を立て、実際に約定、入金の確認、償還するまでの一連の業務を担当した際は、大変な緊張感がありましたが、想定どおりの円滑な資金繰りが実現できました。そのときの安堵感、そして大きな達成感は今でも忘れられません。
Q 仕事をする上で大切にしていることは何ですか。
財務の仕事は、ミスすると会社に大きな実損を与える可能性があります。例えば、金融機関の方とのやり取りの中には、電話で数十億~数百億円の約定をする取引もあり、自分が確認した内容でその金額分の資金調達が確定してしまうこともあります。資金調達の仕事はスピーディーさが要求されるため、時間との闘いになるのですが、取引の中で曖昧な点を残してしまうと、ミスにつながりかねません。業務の正確な遂行のため、一つ一つの確認を徹底的に行い、時間や言葉を惜しまずに丁寧な対応を心掛けることを、いつも肝に銘じながら仕事に取り組んでいます。
Q 今後の目標について教えてください。
入社して財務部に配属されたことで、金利や為替、株式・債券市場、および金融政策などの最新情報について、常にアンテナを張るようになりましたが、現在はさらに一歩進み、ただ情報を収集するのではなく「そのニュースが当社へどのような影響を与えるのか」といった視点で考えられるようになりました。進歩した面は生かしつつも、新たなチームに配属されたので、まずはここで必要とされる業務知識を吸収し、経験を積み重ねて、さまざまな事態にも適切に対応できるようになることが当面の目標です。特に、これまでは短期社債による資金調達を担当していたので、短い期間をキャッシュの視点で考えることが多かったのですが、今後は、より長期的かつ経理的な視点もあわせ持ちながら、「どのようなアプローチが必要なのか」という、意思決定に資する検討、判断ができるようになりたいと思っています。そして、いずれは海外での新たな事業展開について、経理・財務の知見を生かしてサポートする業務にも携わりたいとも考えています。
Q 最後に、住友化学の魅力はどこにあると思いますか?
志望した理由と同様に、やはり「優秀な人材が豊富な点」が魅力だと思います。すべての議論に筋が通っているため、その都度学びになり、わからないことがあるときや困っているときには、周りが必ず助け船を出してくれます。頭脳明晰で、真面目で仕事には研鑽を惜しまず、周囲にも気を配り温かい対応をしてくれる、そんな「尊敬できる人」にいつも助けられ、自分もそんな人間になりたいと思い日々勉強になっています。

One Day

    • 8:30

      出社
      海外からの着金状況の確認、および資金繰りデータの更新

    • 9:00

      月末会議

    • 10:00

      短期社債発行について条件・調達先の決定

    • 11:00

      電話による約定

    • 12:00

      昼食

    • 13:00

      短期社債発行のため、必要書類の作成

    • 15:00

      当日の資金の入出金実績に基づき、予想との差異分析

    • 16:00

      各部門に入出金実績についてヒアリング

    • 17:00

      分析内容につき上司に報告、今後の資金繰りの確認

    • 18:00

      退社

    • 提出書類は一字も漏らさず確認。

    • 同僚との情報共有が欠かせない。

    • 膨大な量の資料はこまめに整理。