千葉工場工務部
Chiba Works Engineering & Maintenance Dept.
確固たる設計哲学を持って
誰もが使いやすい電気設備を設計する
理工学研究科 総合デザイン工学専攻修了
千葉工場 工務部 電気設計チーム
経歴
2010年
千葉工場 工務部 電気設計チーム
Q住友化学を志望した理由について教えてください。
大学院では、有機非線形光学材料の研究に携わっていました。化学に非常に近い領域で研究していたということもあり、就職活動では、当初から化学メーカーに興味がありました。
企業研究をする中で鉄鋼、医薬、食品など他分野のメーカーとも比較したところ、化学メーカーにおける電気技術者は希少価値が高く、活躍の場が多いことに魅力を感じました。ある日、千葉工場の見学会があり、働いている社員の方々から、仕事内容を直接伺うことができました。携わったプラント設備について熱く語る様子や、楽しそうに仕事をしている雰囲気を感じ、自分のフィーリングに合うと直感し、入社を決めました。
Q現在の業務について教えてください。
入社してからずっと同じ部署に在籍し、石油化学プラントの電気設備を設計しています。
端的に説明すると、工場にあるプラントに電力を安定・安全に送るための設計です。カバーする内容は、新規プラント建設をはじめ、稼働中のプラントの合理化改造、トラブル時の技術検討など盛だくさんです。現在は、石油化学製品の合成に必要な触媒を製造するプラントの新規建設プロジェクトに取り組んでいます。
また、設計の業務工程は、計画の策定や仕様の決定、工事設計だけでなく、予算の算出や管理、メーカーへの発注なども含まれます。さらに設計における技術的な検討範囲は、電気的な要素にとどまらず、化学、機械、制御、土建といった専門外の分野も考慮する必要があります。社内の各職種の担当者をはじめ、エンジニアリング会社、機器メーカー、施工会社といった、多種多様な方々とコミュニケーションを図りながらプロジェクトを進めています。
Q業務のやりがいを感じる瞬間はどんなときですか。
化学プラントにおける電気エンジニアのやりがいは、多くの方々とプラントを作りあげていく喜びと、プレッシャーの中で完成したときの達成感にあります。
プラント設計は、長い期間を要する仕事です。例えば、新規プラントの建設の場合、基本計画の立案から実際の稼働まで、3~4年かかることも珍しくありません。長い設計・建設期間の中ではさまざまなことが起こります。工期や技術面の問題、予算・コストといった経済面の問題に加え、必要な資材が入手困難になることもあります。また、電気設備はプラントの動力源のため、停止できる期間は非常に短く、限られた時間内に工事を完了する必要があります。こうした課題を一つ一つ解決し、目標とする完成時期に、無事に設備が稼働したときの喜びは、何事にも変えられません。
Q仕事をする上で大切にしていることは何ですか。
まず、誰にとっても使いやすい設備設計を心がけることです。
設備設計では、実際に使う人にとって使いやすいと感じられることが最も重要です。その「実際に使う人」というと、実際にプラント操作する運転員だけを思い浮かべがちですが、設備のメンテナンスをする人も、実際の使う人の一人です。つまり運転員の操作性だけでなく、メンテナンス性も考慮する必要があります。
また、確固たる設計哲学を持つことも重要です。案件ごとに設計の軸がぶれてしまうと、たとえ個々の設備設計に問題がなかったとしても、プラント全体としての設計に微妙なズレが生じます。結果として、システムや操作方法が複雑化し、操作性・メンテナンス性が損なわれてしまいます。独りよがりは禁物ですが、「こうあるべき」という、自分自身の設計哲学を持つことはとても大切です。自己主張することで、ときには対立することもありますが、「みんなで最高のプラントを造り上げていく」という気概で、設計業務に日々励んでいます。
Q今後の目標について教えてください。
エンジニアとして、高品質かつ最短工期を実現することが大きな目標です。そのため、今後もさまざまな業務にチャレンジし、経験を重ねていきたいと思います。
設備設計の業務工程は多岐にわたり、また多くの部署や他の会社と緊密な連携をもって仕事をする必要があります。そのため、広範な分野に関する知識・経験に加え、プロジェクトマネジメント能力が非常に重要です。今まで、設備更新・増設、新規プラント建設プロジェクトなどの案件を通じて、この能力を伸ばすことができた半面、まだまだ経験不足であるとも感じています。
例えば、予算やスケジュールを細かく管理しすぎると、不要な労力を割いてしまうこともありますが、逆に粗い管理だと、抜けが生じてしまう可能性があるため、「要所」を押さえた管理が大切となります。この「要所」の押さえ方こそが、まさに長年の経験によって培われる部分です。
Q最後に、住友化学の魅力はどこにあると思いますか?
化学メーカーにおける電気設備設計のエンジニアは人数が少なく、協力会社を含めて1500人以上が働いている千葉工場でも10人弱程度しかいません。しかしその分、早いうちから業務の裁量は大きくなります。
私も入社して間もなく、何千万、何億円という予算の業務を担当することになりました。責任感は大きいですが、大きなモチベーションを持てる仕事でもあり、当社で仕事をする魅力の一つだと思います。
加えて、エンジニアリング専業の会社は、あくまで発注元の要望に基づいて設計を行いますが、化学メーカーのプラントエンジニアは自分のアイデアに基づいた設備設計ができます。さらに、自分自身で設計したプラントに、更新、保全、トラブルシューティングなど、多くの局面でかかわっていくことが可能です。設備設計を志望する方にとって、この点は非常に魅力的だと思います。

One Day

    • 8:00

      出社、メールチェック

    • 9:00

      チーム内での連絡会

    • 10:00

      工事仕様書を作成

    • 12:00

      昼食

    • 13:00

      新規建設プロジェクトの工事進捗を現地確認、および工程調整の打ち合わせ

    • 15:00

      竣工した工事の完成図書を確認

    • 18:00

      業務報告、退社

    • 過去の工事履歴の確認は不可欠。

    • 工事仕様書を上司に提出。

    • 社外との方との打ち合わせも多い。