千葉工場工務部
Chiba Works Engineering & Maintenance Dept.
「作ったら、それで終わり」ではない
プラントエンジニアリングを追求する
理工学研究科 総合デザイン工学専攻修了
千葉工場 工務部 機械設計チーム
経歴
2010年
千葉工場 工務部 機械設計チーム
Q住友化学を志望した理由について教えてください。
私が専攻していた機械工学は、さまざまな業種で必要とされる分野です。そこで、当初は多種多様な業界の会社説明会に行き、自分が一番やりたいと思える仕事を探していました。そのうちに、数ヵ月ごとに新製品が出るような変化が速い業界よりも、長く愛されるものを作りたいという思いが強まっていきました。
そんな中で知ったのが、当社でのプラントエンジニアの仕事でした。長年使用できるプラントを設計し、その後もずっと見守ることができるという点は、私には魅力的に映りました。さらに、千葉工場を見学した際、話を伺った社員の方々がみな、とても生き生きと仕事をしていたことも、入社を決意した大きな理由です。
Q現在の業務について教えてください。
2010年の入社以降、千葉工場の工務部に機械設計として在籍しています。
工務部は、工場内のプラントにおけるエンジニアリング業務全般を行っている部署です。要求の実現に向けた最適な手法の検討から始まり、それらを実現するために必要な予算の算出、各機器の設計・発注から工事に至るまでを担当します。工務部には、機械設計、電気設計、計装設計、土建設計の各チームがありますが、中でも機械設計は、プロジェクト全体を取りまとめる役割を担っています。設計の枠にとどまらず、プロジェクト全体の予算管理や工程管理、他職種・関係者間の調整なども主体的に行います。
現在、私が主に携わっているのは、合成ゴムの製造プラントの設備改良や設備保全支援、そして石油化学製品に用いる触媒を製造するプラントの新規建設プロジェクトです。そのほかにも、自社の技術を海外へ技術提供するライセンス業務なども担当しており、海外出張の機会もあります。
Q業務のやりがいを感じる瞬間はどんなときですか。
当社千葉工場の工務部はプラント担当制で、配属されたときそれぞれに、担当プラントが割り当てられます。そのため、担当プラントで起きた事象については、全て自分のところに相談が来ることになります。ときには、自分よりはるかに多くの知識・経験を備えた方々と、対等に話をする必要があります。プロフェッショナルとしての責任感を感じながら、日々の業務を行えることは大きなやりがいです。
また、プラントは造ったらそれで終わりではありません。建設後も保全支援、トラブル発生時の技術的検討、合理化のための更新や増設など、さまざまな形で長く関わり続けます。ときには、以前の自分の設計における課題や改善点を自分の手で解決することもあります。こうした機会は、モチベーションの向上にもつながっていますし、かつ自分の成長につながる貴重な機会でもあります。
Q仕事をする上で大切にしていることは何ですか。
信頼関係の構築を最も大切にしています。
工務部は、発注元である製造課と密接なコミュニケーションを重ねながら業務を進めていく部署です。 私は入社した当初、知見不足により製造課に迷惑をかけてしまっていました。しかし、製造課の方々は、わからないことに対して、貴重な時間を割いて丁寧に仕事を教えてくれました。
これは「今はまだ戦力ではないが、成長したら業務に貢献してくれるはず」と考え、未来を見据えて私のことを信頼してくれたからではないかと思います。製造課の方々に信頼され、大切に育てられたことで、現在の私があります。私自身も、相手に信頼される存在であるための努力は惜しまず、また後輩を信頼し、長い目で温かく育てていきたいと考えています。
Q今後の目標について教えてください。
工務部の仕事は、日々異なった課題に向き合う仕事です。今でも経験のない機器の設計や技術的検討に関わることもしばしばで、原因が明確でないトラブルが発生することもあります。そうした中で、何をすればいいのか、どう考えればいいのかなどを日々考えながら業務を遂行しており、問題解決の糸口を探し出す能力は向上していると実感しています。こうした工務での経験を活かして、多方面で活躍し多くのプロフェッショナルに必要とされるプラントエンジニアになりたいと思います。
また、機械設計はプロジェクト全体を取りまとめる役割を担っているため、設計の枠にとどまらず、予算管理や工程管理、関係者間の調整などの総合的なマネジメント力が求められます。今後は、担当者として設計するのみならず、より大規模なプロジェクトに対応するためにも、マネジメントに重きを置いていきたいと考えています。
Q最後に、住友化学の魅力はどこにあると思いますか?
就職活動中に千葉工場の見学会に参加し、社員の方々の話を伺う機会がありました。そのときに強く感じたのは、「本当に良いものを作るために、全てを賭けている人たちの集まりだ」ということでした。縁があって入社し、今では見学会で話を聞いた方々と千葉工場で一緒に働いていますが、私が当社に抱く印象は当時と全く変わっていません。常に高品質なものづくりを目指し、一丸となって業務に取り組んでいます。その妥協しない姿勢と、全員が同じ目標に向かって邁進できる一体感は、ものづくりに携わりたい方にとって魅力的な要素だと思います。
また、プラントエンジニアとしての観点からすると、自分たちのプラントを自分自身で設計・建設できるということも魅力です。

One Day

    • 7:30

      出社

    • 7:30

      新設プラントの設計

    • 9:00

      機械設計チーム内の連絡会

    • 10:00

      既設プラントの現場確認

    • 12:00

      昼休み

    • 13:00

      製造課と現行プロジェクトの進捗確認、および今後のテーマの確認会議

    • 15:00

      現行プロジェクトの工事現場確認

    • 17:00

      既設プラントの改善計画の設計

    • 18:00

      退社

    • プラントの現場確認は毎日行う。

    • チーム内で今後の予定を情報共有。

    • 設計の変更過程を書面でチェック。