大江工場エンジニアリング部
Ohe Works Engineering Department
現場の課題を見極め、即座に
反映できる設計担当者を目指して
融合科学研究科 情報科学専攻修了
大江工場 エンジニアリング部
経歴
2013年
大江工場 エンジニアリング部
Q 住友化学を志望した理由について教えてください。
製造現場の第一線で活躍できる環境に魅力を感じたからです。
就職活動中の工場見学を通じて、社員の働いている環境がよく理解できました。見学したのは千葉工場で、最終的に決定する勤務地と異なる可能性もありましたが、工場が違っても、ものづくりの現場としての臨場感や、歩留まり向上のための課題解決に取り組む姿勢は同じであろうと考えました。そうした環境の中で働く自分の姿を明確にイメージできたことが入社の決め手でした。
Q 現在の業務について教えてください。
入社以来、一貫して機能性フィルムをはじめとする光学製品の製造プラントにおける、自動検査装置の設計および立ち上げ業務に携わっています。この装置は、プラント内で製造された製品の出荷前における欠点の有無を検査するものです。
業務は新規プラントの装置設計から導入だけでなく、稼働中のプラントにおける装置性能アップや増強のための改造、トラブル発生時の技術復旧・改善対応なども含まれます。
私は大学時代、システム工学専攻であったため、大学時代に学んだ情報理論の知識を生かせることもある一方、機械や設備の知識については、入社後一から勉強という状態でした。日々勉強で大変なことも多いですが、楽しみながら仕事をしています。
Q 業務のやりがいを感じる瞬間はどんなときですか。
例えば、製造プラントの時間あたりの稼働率を上げたいという場合、製造設備だけが対応していれば良いというわけではなく、付随する設備も稼働率の向上に対応させる必要があります。私が担当している自動検査装置は、まさに付随する設備にあたり、生産する製品それぞれに使用する原料が異なるため、検査対象や検査速度、結果出力が変わり、状況によっては既存装置の性能向上や新機能の追加が必要です。また、装置によっては目に見えない経年劣化があり、生産途中で装置の構成機器が故障し、突発的な生産停止を引き起こします。
こうした課題が発生したときに、解決のための原因の究明や解決策を講じ、実際に改善がなされたときは、達成感が得られます。さらにその改善が、稼働率の向上や製造ロスの削減などの数字として目に見える形で現れたときにも、大きなやりがいを感じます。
Q 仕事をする上で大切にしていることは何ですか。
「関係部署の方々と方向性や足並みをそろえて業務すること」と「個人として業務を突き詰めること」とのバランスの取り方です。私の場合、関係部署と協力しあって進める業務が多く、各部署との連携は不可欠です。持ち場・立場における意見の相違はありますが、部署は違っても同じ会社の一員で、目指す方向は一緒です。常に自分の考えや仕事の進め方を客観的に見直しつつ、関係部署と足並みをそろえることを意識しています。
しかし、足並みをそろえることばかりに意識が向いてしまい、結果として課題解決の妨げになってしまうことは避けなければなりません。個人として「やはり改善すべきではないか」と提唱するところについては、声を大にして問題提起していくことが大事だと思っています。
Q 今後の目標について教えてください。
現場の課題を日々解決しつつ、競合他社に対して優位性のある生産設備を構築し続けることが今の目標です。 工場は24時間生産・稼働しており、トラブルが発生した際には1秒でも早い復旧が必要不可欠です。冷静に問題箇所を特定して確実な対応を取り、生産を再開させなければなりません。冷静な対応は、若手の私にはとても難しいことですが、入社当初からプラントの現場において数々の失敗や日々の実務経験を積み重ねた結果、突発トラブルや早期復旧が必要な状況であっても、冷静さを保つことができるようになりました。当時は「もう失敗したくない」と何度も悩みましたが、そうした経験が糧になっていると実感しています。
また、競合他社に対して競争力を維持する、あるいは優位性を保つためには、定期的な新技術の導入が必要です。こうした視点を持って設備導入をスムーズに行えるかが、エンジニアリング部の腕の見せ所でもあります。その意味で、プラントの現状把握や新たに取り入れるべき技術の見極めを行っていきたいと思います。
Q 最後に、住友化学の魅力はどこにあると思いますか?
入社後、比較的早い段階からスケールの大きな業務に携わることのできる点が魅力の一つだと思います。特に私のような工務・機電系の職種は全ての事業分野とかかわる可能性があり、さまざまな事業分野におけるプラントの設計から導入まで携わることのできるチャンスがあります。大きな金額の予算をどう使って自分の思い描く装置を作り上げるかを考え、形にすることは大変でもありますが、とてもやりがいのある仕事です。
また、私のようにシステム工学を専攻した学生にとっても、面白い会社なのではないかと思います。化学メーカーと情報システムは一見縁遠く思えますが、プラント制御、IoTなどデジタルトランスフォーメーションが急速に進歩している中、情報システムがカバーする範囲は増え続けており、化学メーカーにとって欠かすことのできない存在となっています。システムがあってこそ、装置は動くものです。大きなやりがいを持って、業務に取り組めるのではないでしょうか。

One Day

    • 8:00

      出社、部内とチーム内の朝会

    • 8:30

      メールチェック

    • 9:00

      製造課日報のチェック(工場内生産状況、設備トラブル状況の確認)

    • 9:30

      現場確認・現場設備動作履歴のログ解析

    • 12:00

      昼休み

    • 13:00

      週次会・部内向けの週ごとの業務進捗報告

    • 14:00

      次回メンテナンス停止時の工事計画の打合せ

    • 16:00

      各種打合せ議事録作成、配信

    • 18:00

      退社

    • 製造現場からの状況報告を受信。

    • デスクワークは設計業務の合間に。

    • 機器の日々の安全確認が最も大切。