title01
  • T・O

    公共政策学部 公共政策学科 卒
    株式会社 住化HRサービス 就業給与センター 第1グループ

  • C・K

    文学部 欧米言語文化学科 卒
    株式会社 住化HRサービス 就業給与センター 第1グループ

先輩×後輩 対談

2019年度卒から採用を開始し、今年度で3年目を迎えた、住友化学のプロフェッショナルスタッフ。採用者のなかには、同じ部署に配属されて、職場の先輩・後輩という関係で仕事をしている人たちもいます。このページでは、そんな2人に集まってもらい、入社のきっかけや仕事のやりがい、お互いの印象や将来への展望などを、思うままに語り合ってもらいました。

入社のきっかけは?
T・O:
まず、大学で労働法のゼミに入ったことが大きなきっかけです。正直言って、大きな理由もなく入ったゼミでしたが、いざ学んでみると労働環境を取り巻く法令や制度はとても興味深いものでした。社会人になったら、人々の労働環境にかかわる仕事に携わりたいと思い、人事関連の職種を志望するようになりました。なかでも、住友化学のプロフェッショナルスタッフは入社直後から人事の業務に携わることができるので、早いうちから就職を強く希望していました。
C・K:
就職活動をするにあたり、まず私自身にどのような仕事が合っているのかを深く考えました。すると、中学・高校のときに吹奏楽部でリーダーを任された際に、自分は強烈なリーダーシップで部員を引っ張るタイプではなく、一人ひとりの声をよく聞き、背中を押してあげるタイプのリーダーだったことを思い出しました。みんなが頑張るのを後方からサポートする仕事こそが自分に合っており、やりがいも感じられるのではないかと思いました。そこで、人事関連の職種を探しているうちに出会ったのが、住友化学のプロフェッショナルスタッフでした。
T・O:
説明会や面接で出会った社員の方々が魅力的だったことも、入社を後押ししました。面接のときはいつも緊張してしまい、うまく話せないことが多かったのですが、当社の面接官の方々は物腰も柔らかく、私の話をじっくり最後まで聞いてくれました。「この会社に入社して、この方々と一緒に働きたい」と強く思いました。
C・K:
私も、社員の方々の誠実な人柄にとても惹かれました。人事関連の職種について、不安に思っていたことを面接でいくつか質問すると、面接官の方はすごく丁寧に、かつ真剣に回答してくれました。そのおかげで不安が解消され、安心して入社を決意できました。
職場の雰囲気はどうですか?
C・K:
穏やかで親切な方が多く、温かい職場だと感じています。新型コロナウイルス感染症の流行による緊急事態宣言を受け、配属後、すぐに在宅勤務となってしまいましたが、同じ部署の先輩方は、リモートワークでも質問しやすい雰囲気づくりをしてくれ、オンラインでの交流会も開催してくれました。私が不安を感じないよう、気にかけてもらったことがとても印象に残っています。
T・O:
Kさんは新入社員なのに、入社してからずっと在宅勤務で、しばらくの間、実際に顔を合わせる機会がほとんどありませんでしたからね。
C・K:
だから、本当にありがたかったです。また、部署の方々全員が責任感をもって真摯に仕事に取り組んでいて、私が仕事をするうえでのモチベーションにもつながっています。でも、決してピリピリはしていなくて、いつでも何でも質問できる雰囲気があります。
T・O:
確かにそうですね。上司と部下、先輩と後輩の距離が近く、困ったときにも相談がしやすい雰囲気だな、といつも思います。会議のときも、自分の考えを臆することなく発言できますし、むしろ積極的に発言することが歓迎されます。頭ごなしに否定されることも決してありませんし、上司や先輩の方々もフォローしてくれるので、安心して自分の考えを言うことができる職場だと感じています。
先輩、後輩についての印象は?
C・K:
真面目で誠実、かつ親切な人柄で、周りから厚い信頼を得ているという印象で、入社前に当社の社員に抱いていたイメージ通りの人だと思いました。一緒に仕事をするようになり、その信頼の厚さは、謙虚な姿勢とストイックな仕事ぶりによるものだと気づきました。先輩のOさんが、業務の電子化プロジェクトなどの大きな仕事を任されているのを見て、いつも刺激を受けています。この採用区分ができてから間もないですが、「いつかはOさんのようになりたい」といつも思わせてくれる、尊敬できる存在です。
T・O:
自分がほめられるのを聞くのは、何だか照れくさいですね(笑)。私にとって、Kさんは「ハキハキと受け答えをする、元気ではつらつとした方」というのが第一印象でした。業務においては、疑問を疑問のままで終わらせず、自分が納得できるまで、先輩に質問したり調べたりしている姿をよく見かけます。 私自身、Kさんの言動から、学ぶことや見習うことがたくさんあります。
C・K:
私も、聞いていて気恥ずかしくなります(笑)。でも、私から学ぶことや見習うことが、本当にありますか。
T・O:
たくさんあります。自分では理解しているつもりだった事柄でも、Kさんから質問を受けて、回答するなかで、自分の理解がまだ十分でなかったことに気づくことはよくあります。また、Kさんはとても頑張り屋なので、その姿を見て「彼女に負けないように、自分ももっと頑張ろう」とも思います。私にとって、Kさんの存在はとてもよい刺激になっています。

One Day

←左にスワイプしてください。
  • Oさん

  • Kさん

  • 8:45 出社。メールチェック、
    会議資料の確認
  • 9:00 所得税関連の書類の確認・取りまとめ
  • 10:00 第1グループミーティング
  • 12:00 昼食
  • 12:45 従業員からの保険手続に関する相談
  • 14:00 人事系システム刷新プロジェクトの会議
  • 17:35 退社
  • 社員の給与を取り扱っているので、気の緩みは許されない。

  • 休憩時には仲良く談笑。でもついつい仕事の話になることも。

  • 相談窓口として社員からの電話もしばしば。対応は真摯に。

  • 8:45 出社。メールチェック、
    本日のTO DOリストを確認
  • 9:00 会議用の資料の作成・最終確認
  • 10:00 第1グループミーティング
  • 12:00 昼食
  • 12:45 採用者・退職者の
    手続の取りまとめ
  • 15:30 従業員からの
    マイナンバー取得手続に関する相談
  • 17:35 退社