クリエイティブスタッフ(総合職)新入社員座談会

New Recruit Discussion

住友化学の先輩たちは、どんな思いを持ってこの会社を就職先として選び、仕事に臨んでいるのでしょうか。ここでは、2019年入社の社員のうち5名に集まってもらい、就職活動から現在までを振り返ってもらいました。一年間の業務経験を経て、どこが成長したのか、どんな目標を持っているのか。また会社の雰囲気や、退社後・休日の過ごし方はどうしているのかなど、生の声をお届けします。
2020年入社 座談会はこちら 2021年入社 座談会はこちら

入社してからの
1年間を振り返る
PROFILE

プロフィール

  • 山子 碧国際アグロ事業部
    事業企画部

    外国語学部卒
  • 三宅 弘途無機材料事業部
    アルミニウム部

    法学部卒
  • 虫明 さわ子機能樹脂事業部
    事業企画部
    スーパーエンジニアリング
    プラスチックス需給管理担当

    国際教養学部卒
  • 福原 皓平 工業化学品事業部
    第一工業化学品部
    メタノール・ANチーム

    経済学部卒
  • 栗本 寛久千葉工場
    総務部
    経理チーム

    社会学部卒

住友化学を選んだ理由は?

就職活動の際、幅広い業界の説明会に参加して話を聞くうちに、BtoBメーカーに興味を抱くようになりました。BtoBの世界は、広告宣伝がユーザーの購買の決め手にならず、本当に製品が良くないと売れないシビアな世界ですが、だからこそ地に足の着いた仕事ができると思ったからです。住友化学を選んだきっかけは二つあり、一つは世界的な規模のビジネスを展開していること、そしてもう一つは「人」です。座談会や選考過程での対応や、出会った社員の方々の穏やかな雰囲気が、自分の性格に合っていると思いました。この会社なら自分らしく働くことができると感じ、入社を決めました。
「自分たちの知らないところで、日々の生活を下支えしているもの」を製造している業界に興味を持ち、特に多くの分野に関わっていて、裾野の広い化学メーカーを志望するようになりました。さまざまな会社の説明会や面接に参加する中で、社員の方々の雰囲気の良さが際立っていたのが住友化学でした。面接の際には「~すると良いと思うよ」と、合否とは別に、社会人の先輩として真摯なアドバイスをしてくれた方もいて、常に学生たちに誠実に向き合ってくれているという印象を受けました。決して派手ではありませんが、真面目でスマート、かつ人を大事にする社風に共感し、入社を決意しました。
就職活動をする際に大切にしたのが、「世界中の人々の生活を支えるものづくりに関わりたい」という思いでした。さまざまな会社の説明会に参加するうちに、幅広い産業を支え、かつ海外で積極的に事業を展開している化学メーカーに興味を持ちました。中でも住友化学は、人々の生活に欠かせない「食」を支える農薬に強みを持っており、当初から強く志望する会社の一つでした。加えて、座談会や面接で会った社員の方々の気さくで飾らない雰囲気が素敵だったことや、ざっくばらんに社内の様子を話してくれたおかげで、ここで仕事をする自分の姿が明確にイメージできたことが、入社の大きな決め手となりました。
私の父親がBtoBメーカーに勤めていました。その影響もあってか、以前から「多くの人には知られていなくとも、社会に必要不可欠な製品を扱う仕事がしたい」と思っており、就職活動当初からBtoBメーカーを中心にエントリーしました。加えて、世界を舞台に戦える産業の一つであることや、会社の規模に対して事務系の採用人数が少ないことに魅力を感じて、志望先を化学メーカーに絞るようになりました。中でも、住友化学はお会いした社員の方がみな誠実で、心を打たれました。この会社でなら、誠実なビジネスができると思いましたし、人としても成長できると確信しました。
三宅さんと同様に、私の父親もBtoBメーカーに勤務していました。「うちの会社の製品はここにも、あそこにも使われているよ」と、誇らしげに説明してくれる父の姿を見て育ったため、就職活動の早いうちからBtoBメーカー、中でもさまざまな分野に使われる化学メーカーに興味を抱いていました。住友化学に決めた理由は、説明会や面接で真摯に対応してくれる社員の方々を見て、「ぜひ一緒に働きたい」と強く思うようになったからです。また、学生時代の知り合いが住友化学に勤めていて、「君に合っている会社だと思う」とアドバイスしてくれました。その助言も、私の背中を押してくれました。

入社前と入社後で、ギャップはありましたか?

想像していた以上に英語を使う頻度が高いことに驚きました。海外とのやり取りが多い部署に在籍しているため、メールやマーケットレポートでは、英語が必要不可欠。日々、英語を学習しながら、業務に取り組んでいます。一方で、扱っている製品が幅広い分野で使用されている点や社員の方々の人柄という点では、あまりギャップを感じませんでした。住友化学の製品はさまざまな用途に使われているものばかりですし、上司・先輩も、説明会や面接でお会いした社員の方々と同様に、仕事に対してはあくまで真面目ですが、普段はとても気さくに接してくれます。
就職活動のときに感じた会社の雰囲気や人柄については、入社後も大きなギャップはありません。フランクで相談しやすい社風で、人柄も魅力的な方が多いと思います。ギャップをあえて挙げるとすると、福原さんと同様、想像以上に英語を使う機会があったことです。海外向けに農薬を販売する部署に配属されたということもありますが、海外の関係会社から本社に出向している外国籍の方もいるため、会議やメールでは当然のように英語を使わなければなりません。ツールとしての英語の必要性を実感しています。
住友化学は歴史ある日本企業なので、いわゆる「お堅い会社」なのでは?というイメージを多少なりとも持っていました。実際に部署に配属されると、気さくで個性的な方が多く、思っていたよりフラットな会社だったことは、良い意味のギャップでした。例えば、年齢や役職に関係なく、コミュニケーションは活発ですし、業務の進め方を上司に相談する場合でも、前例や慣習にとらわれず、新しいものや良いものを積極的に取り入れていこうという、柔軟で気風があるのを実感しています。
インターネットの就職関連の掲示板などで、「住友化学は真面目だけど暗い会社だ」という書き込みをたまに目にすることがあり、少しだけ不安を抱いていました。しかし、入社してみると、その不安は杞憂でした。真面目な方が多いことは事実ですが、むしろフレンドリーで明るい社風でした。もう一つのギャップは、「若手に大きな仕事を任せてくれる」と聞いていましたが、それが想像以上だったことです。大きな仕事を担当させてもらえる喜びと、責任感の大きさによる緊張感を毎日感じながら、仕事に励んでいます。
入社してすぐ、先輩に「仕事の8割は『覚えること』だ」と言われたときに覚悟はできていましたが、業務のために覚えるべき事柄の多さには今でも驚いています。私は工場の経理チームに在籍していますが、工場はさまざまな設備の集合体です。そのため、自分の担当する製品やプラントだけでなく、工場全体の操業に関する基礎知識や他の製品の原料、場合によってはその製造プロセスまで知っておく必要があります。日々の業務は「知識が備わっていること」を前提に話が進むので、入社したてのころは本当に苦労しました。

学生時代と比べて、変化したことや意識していることはありますか?

「主体的に考え、学ぶ姿勢を持つこと」を意識しています。私は現在、月に数百トン規模で生産する製品の需給管理を担当しています。営業と製造現場間での調整を行う業務で、万が一必要な生産量に対し原料が不足するなどの事態が発生すると、営業と製造のほか、何よりお客さまに迷惑をかけてしまいます。そのため、「原料がどのような流れで運ばれ、どのように製品になるのか」という一連のプロセスを早期に把握する必要があり、上司や先輩たちからの指示をただ待つという受け身の姿勢でいては、仕事を進められません。そこで、何より大切なのは、自分から主体的に考え、学んでいくことだと、今も常に意識して業務に臨んでいます。
国内外のニュースにとても敏感になりました。学生時代もニュースは見聞きしていましたが、それほど積極的ではありませんでした。しかし、現在の業務で担当しているアルミニウムは、世界中で起こるさまざまな出来事が直接価格に影響する市況商品の一つです。最新の価格動向を捉えるためにも、ニュースには常に注意を払っています。また、仕事上で付き合いのある方のコメントがメディアに取り上げられることもあり、そうした面からもニュースが面白く感じるようになりました。世界の動きが自分の業務に密接に関わってくるのを実感できることは、現在の仕事の醍醐味の一つでもあります。
一つ一つの業務について、「何のためにこの作業をするのか」という、目的を意識するようにしています。入社当初は、目の前の作業を処理することで精一杯で、業務自体を深く考える余裕はありませんでした。しかし、それでは仕事の全体像が見えず、相手の求めている成果を出すこともできません。目的を意識して業務に臨むことで、その業務の位置付けが把握でき、相手にとってより望ましい結果を提供できるようになりました。最近では、自分が他の人に業務を依頼するときにも、目的を伝えるように心掛けています。
社会人になり、日々の生活を一定のリズムで安定させることも意識するようになりました。具体的に言うと、起床や食事、出勤はもちろん、それ以外の帰社後の時間などについても、毎日なるべく同じ時間に同じことを行うように心掛けています。学生時代と異なり、社会人は携わる仕事への責任が格段に増します。体調を崩さないためにも、また業務で最高のパフォーマンスを発揮するためにも、日々の生活のリズムを安定させることが大切だと感じています。
相手目線で物事を考えることを意識しています。例えば、メール一つをとってみても、同じ経理チーム内の方に送るものと、他部署に送るものとでは、書き方や言葉遣いを使い分け、相手がより理解しやすい内容にする必要があります。また、重要な仕事を依頼する場合には、リマインドを徹底するなど、「相手の仕事を進めやすくするために、自分が何をすべきか」ということを常に考えるように心掛けています。もう一つ、学生時代と異なるのはスケジューリングの重要性です。複数の仕事を同時並行で進めることが多いので、優先順位や締め切り日までの時間を考えて、ToDoリストを作成するようになりました。

入社して以降、成長を感じる部分はどういう点ですか?

ただこなすのではなく、深く考えてから仕事ができるようになった点です。例えば、業務を任された際に、その意図や目的、他の業務とのつながりを考えながら臨むようになりました。この業務が何につながるのか、どこにどう影響するのかを考えることで、作業の正確性が向上しました。また、上司や先輩たちへの質問の仕方についても、最初はただ聞くだけでしたが、今は「自分ではこう思うのですが……」と、自分なりの仮説を立ててから聞くようになりました。一度深く考えてから質問することで、上司や先輩のアドバイスへの理解度も深まりました。
一つ一つの作業に優先順位を付けて業務を進められるようになったことが、一番大きな成長だと思います。当初はメールの件数の多さだけで四苦八苦していましたが、現在では自分のチームはもちろん他チームについても、「どのような流れで業務が行われているか」を理解できるようになりました。その結果、膨大な作業のうち、「自分がこれを先に処理しないと、他のチームが動けない」など相手の事情を勘案した上で、緊急性の有無を見極めて業務を進めることができるようになりました。また、必要に応じて周囲の方を巻き込みながら、迅速な対応ができるようになったことも、成長した点の一つだと思っています。
自分の意見を持ち、それを周りに発信することができるようになった点です。現在の部署に配属されて以降、上司や先輩に「山子さんはどう思いますか?」と、些細なことでも自分の意見を聞かれる機会が頻繁にありました。それは、仕事をする上で常に考える習慣を身に付けることが求められるからですが、入社したての頃は、自分の考えに自信がなくて言い出せないことが多々ありました。しかし、今では自分の考えにしっかり向き合い、自分の意見を「なぜそう思うか」という根拠を含めて伝えることが、徐々にできつつあると感じています。
会議などでのプレゼンテーションの際に、物事の背景を考えた上で、根拠をもって論理的に説明できるようになってきたと感じています。以前は、自分の作った資料の内容や数字が「なぜそうなるのか」までを深く考えていなかったため、発表の場で表面的な説明しかできず、上司や先輩からの質問に答えられないことが多々ありました。しかし、最近では資料には出てこない事情も考慮しつつ、内容と数字に自分なりの根拠をもって説明ができるようになってきたと実感しています。上司や先輩と比較するとまだまだ力不足ですが、いずれは肩を並べられるように頑張りたいと思っています。
部署の戦力になりつつあることだと思います。入社当初は、直接指導してくれた上司の仕事ぶりを見て、「自分も同じように仕事のできる日がいつか来るのだろうか」と、不安でした。担当しているアルミニウム地金の売買契約は、一度の契約で億単位のお金が動くこともあり、また市況商品であるため価格リスクヘッジ取引も必要になるなど、さまざまな事象を考慮する必要があります。上司のアドバイスも受けながら自分なりに勉強し、業務における知識を着実に付けられたことが、今につながっているのだと思います。

今後の目標・チャレンジしたいことはありますか?

年に一度、世界中のアルミニウム関係者が集う国際カンファレンスが開催されています。いつか、住友化学の代表としてそのカンファレンスに参加し、そこで得た人脈で新しいビジネスを創れるようになりたいと思っています。そのためには、まず当社の立ち位置を正しく理解し、最新の業界動向にも詳しくならなければなりません。とはいえ、まだまだ力不足なので、あまり先ばかりを見ず、足元の業務にしっかりと取り組みたいというのが、実際のところです。
まずは知識を増やして、現在の担当業務を一人前にこなせるようになることが当面の目標です。担当している動力・用役に関する業務は工場の操業全体に関わるため、自分の判断が工場全体に対して大きな影響を及ぼします。責任は重いですが、早く独り立ちして、工場の操業に積極的に関与していける人材になりたいと思っています。
また、現在は工場しか見ていませんが、将来的には、より広い視野を持って会社全体の経営に携われるような人材になりたいと考えています。
現在はやや製造側に近い業務を担当していますが、次のステップでは業績管理を担当し、数字という客観的な視点から事業を分析・評価するスキルを身に付けたいと考えています。そして、業績管理を通じて損益や市場に関する理解を深めた上で、いずれは語学力を生かした海外営業の業務に携わりたいと考えています。業績や市場に関する知識に精通し、世界で通用するビジネスパーソンになることを目標に、これからもこつこつと頑張ります。
現在はまだ、上司や先輩の助言や手厚いサポートのおかげで、何とか業務を進められている段階だと思っています。まずは、現在の担当業務において、独り立ちすることが当面の目標です。そのためには、より広い視野と知識を身に付けて、業務全体の流れをより詳細に把握する必要がありますし、業務自体の経験も積み重ねていかなければなりません。それらができ、一段高いレベルに上ることにより、また新たな目標が見えてくるのではないかと考えています。
入社して一年が過ぎ、業務のサイクルは一通り経験できました。ただ、一度しか行っていない業務や、完全に身に付いていない業務もあります。まずは、担当業務を一通り行えるようになりたいと考えています。そして、いずれは異なる職種を経験した後、営業部門に異動して活躍できればと思っています。現在の事業部では、購買と営業の両方の業務を担当していますが、業績管理や経理などの職種も経験することで、会計的な考え方・見方も身に付けたいと考えています。

退社後や休日の過ごし方を教えてください。

退社後は、自宅で読書や映画鑑賞をゆっくり楽しんだり、健康のために走ったりしています。 週末は、一日は掃除や料理などの家事をし、もう一日は会社の同期や大学時代の友人と遊びに行ったりすることが多いです。長期休暇や連休の際には、両親や友人と海外旅行に行くことで、リフレッシュしています。
早く帰れる日は、同じ社員寮にいる同期と飲み会をしたり、自動車で買い物に行ったりしています。また、東京出身なので、休日は都内に出て、学生時代の友人と遊ぶことが多いです。社会人になって金銭的な余裕ができたので、学生時代には行けなかった少し高めのレストランやお酒(特に日本酒)を楽しんでいます。また、最近は父親の影響でゴルフを始めたので、寮のそばの練習場で汗を流し、会社の同期とコースに出ています。学生時代は部活が忙しかったので、今の方が自由になる時間が多いかもしれませんね。
部長にクラブ一式を譲っていただいたことがきっかけで、ゴルフを始めました。まだまだ下手ですが、天気の良い日にコースを回ると、それだけで充実した時間を過ごした気になれるので、今後も続けたいと思っています。また、自分は入社と同時に大阪から東京に引っ越してきたため、東京のいろいろな街に出かけています。最近行った街で印象的だったのは小岩です。飲み屋の店員さんと気軽に話せる雰囲気があり、大阪の十三(じゅうそう)を思い出しました。
退社後は、時間があれば会社の方々とフットサルやテニスをします。同好会に所属しており、日程の合う日に気軽に参加するようにしています。また、仕事終わりに同期と一緒に飲みに行くこともあります。休日は、友人と出かけたり、連休中などは積極的に旅行に行ったりしています。学生時代よりも、遊びの範囲が広がりました。
退社後は、同期や先輩と飲みに行ったり、家でゆっくりと海外ドラマを観たりして過ごしています。また、美術館巡りが好きなので、休日は美術館によく行きます。私は出身が関西で、大学時代は東北におり、東京に住むのは初めてです。そのため、関東の有名な観光地に行くこともあります。都会の喧騒から離れたくなったときには、会社の同期と山登りに行くこともありました。学生時代よりも意識的にオン・オフを切り替えて気分転換をしています。

住友化学の魅力を含め、学生へメッセージをお願いします。

就職活動を「差し迫ったもの」「大変なもの」と感じているかもしれませんが、あまりネガティブに考えるのではなく、一つの経験として捉えてほしいと思います。経験には成功も失敗もありますが、就活も同じです。一喜一憂せず、周りに流されず、最後まで粘り抜いてほしいと思います。また、自分に自信を持ってください。皆さんがこれまでに築き上げてきた人格、積み上げてきた努力の中に光るものは必ずあります。適度に楽観的な心を持って、頑張ってください。
就職活動では、「自分のどうしても譲れないこと」を定めて、その点に関しては妥協しないことが大切だと考えています。やりたいことでも働く環境でも何でも構いません。それが「会社が大事にしていること」と合致していれば、入社後に後悔することは少ないと思います。とはいえ、自分だけの視点では見えてこない部分もあると思うので、多くの人の話を聞いて、さまざまな視点から見ることで、自分にぴったり合った会社を探してほしいと思います。
いろいろな価値観があると思いますが、私は就職活動で「人」を最も重視していました。会社に入っても、すぐに自分の希望する仕事ができるとは限りません。だからこそ、どんな職場になったとしても、自分にとって働きやすい人がいる会社を選ぶことが大切だと考えたからです。そのため、就職活動中はできる限り社員の方々に会ってほしいと思います。そして、この人たちと働きたいと感じてもらえた会社が住友化学であれば、とても嬉しいです。学生の皆さんが納得して就職活動を終えられることを、心から願っています。
就職活動で、入社の最後の決め手になるのは、「会社の雰囲気や社員の人柄が自分と合うかどうか」だと思います。たとえ同じ業界でも、会社によって社員の方々の人柄や雰囲気は異なります。なるべくたくさんの会社に足を運び、自分に合う会社を見定めてください。その際には、住友化学にも足を延ばしてくれればうれしいです。就職活動は心身ともに負担が大きいとは思いますが、まずは体調に気をつけて、後悔のない就職活動をして、皆さんが納得のいく会社に巡り会えることを、願っています。
皆さんの中には、「化学メーカーの事務系社員がどんな仕事をするのか、よくわからない」と思っている方も多いと思います。しかし、実際にはさまざまな職務があって、多くの方々が活躍しています。もし、化学メーカーを少しでも「面白そう」と感じてくれるのであれば、説明会やインターンなどに積極的に参加して、仕事のイメージや会社の雰囲気をつかんでほしいと思います。その中で、さらに住友化学での仕事や人に興味を持ってもらえれば幸いです。就職活動に正解はないので、自分が納得できる仕事をぜひ見つけてください。
2020年入社 座談会はこちら 2021年入社 座談会はこちら